鎌倉総合法律事務所
  • 鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
  • トップ
  • 鎌倉の弁護士・事務所紹介
  • 法律相談
  • 安心の弁護士費用
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ
借地借家トラブル

「借地権」を失わないためにできることはありますか?

鎌倉の弁護士トップ > 借地借家トラブル > 「借地権」を失わないためにできることはありますか?

「借地権」を失わないためにできることはありますか?

借地権の種類について説明する弁護士借地上の建物の名義に注意しましょう!

「借地権」を持っていたときに、土地を貸してくれている地主以外の他の第三者にも「借地権」があると権利を主張することはできるのでしょうか。

「借地権」の中でも「地上権」の場合には借地権者が自ら登記することができるため、自分で登記しておけば、他の第三者にも「借地権」があると主張することができることになります。

しかし、「借地権」の中でも、ほとんどの借地が該当する「土地賃借権」の場合には、地主の承諾が無いと登記ができないのですが、地主が登記することを認めることは、まずありません。

このような不都合を解消するため、借地借家法では、借地上に借地人名義で建物の登記を持っている場合には、「借地権」も第三者に主張することができるとしています(このように、権利を第三者に主張(対抗)できるようにすることを「対抗要件を備える」といいます。)。

借地上の建物の登記であれば、借地人が一人ででき、地主の協力がなくてもできることになります。そして、建物登記を先にしておけば、借地権の対抗要件を備えたことになるので、借地人の建物登記の後に、地主がこの土地を第三者に売却したり、抵当権を設定したため、競売にかかったりしても、借地人は、借地権を買主や競落人などの第三者に対抗(主張)できることになり、「借地権」を維持できることになります。逆に、借地人名義の建物登記が無い場合には、買主や競落人に対して「借地権」を主張できないことになってしまい、「借地権」が無くなってしまうので注意が必要です。

私が鎌倉に来てから、借地に関するご相談を度々受けていますが、何度か、借地上に建物が建っていて登記されていても、その名義が借地人とは異なる名義になっていることがありました。例えば、土地を借りている人(借地人)の名義が夫で、借地上の建物の名義が妻になっているケースです。この場合には、地主が土地を売却してしまった場合、「借地権」を土地を購入した第三者には主張できないことになってしまい、「借地権」が無くなってしまうということになります。

普段、遅れることなく地代を支払っており、地主も土地を売却したりしない場合には、特にこの名義がずれていることは問題になりませんが、地主が土地を手放してしまった場合に問題が表面化してしまうことになります。

特に、代々の借地のような場合には、建物を建て替えたりして名義がずれてしまうこともあるので注意が必要です。

皆さんも一度、「借地の賃貸借契約の名義」と「借地上の建物の登記名義」を調査してみてはいかがでしょうか。

借地権も大きな財産です。名義がずれていたということだけで大きな財産を失うことの無いようにご注意下さい。

借地借家トラブルには他にこんな記事があります

弁護士に直接、相談できます弁護士に直接、相談できます

法律相談の様子鎌倉総合法律事務所ではどのようなお悩みでも、弁護士に直接相談できます。相談だけで依頼されてなくても構いません。
平日夜間をご希望の場合もご相談いただけますので、まずはご連絡下さい。

法律相談のご予約はこちら メールする
弁護士との法律相談のご予約はこちら0467-81-4595 弁護士との法律相談ご予約のお電話はこちらメールする
法律相談の様子

事務所のごあんない

住所・連絡先

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-5-12
TEL 0467-81-45950467-81-4595 / FAX 0467-81-4592

営業時間

平日 9:00~18:00
事前予約で平日夜間のご相談も可能

交通アクセス

JR横須賀線・湘南新宿ライン・江ノ電
鎌倉駅から徒歩2分
▶駅からの道順を見る

鎌倉総合法律事務所の様子
法律相談室の様子
鎌倉総合法律事務所の様子
法律相談室の様子
鎌倉総合法律事務所の様子

法律相談のながれ

法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談をしても必ずしもそのまま依頼しなければいけないという事はありません。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士と法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際には内容をまとめたメモや資料などをお持ちになる事をお勧めいたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の報酬や経費などのご説明もいたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

法律相談のながれ

法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談をしても必ずしもそのまま依頼しなければいけないという事はありません。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士と法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際には内容をまとめたメモや資料などをお持ちになる事をお勧めいたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の報酬や経費などのご説明もいたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

弁護士に直接、相談できます弁護士に直接、相談できます

法律相談の様子鎌倉総合法律事務所ではどのようなお悩みでも、弁護士に直接相談できます。相談だけで依頼されてなくても構いません。
平日夜間をご希望の場合もご相談いただけますので、まずはご連絡下さい。

法律相談のご予約はこちら メール
弁護士との法律相談のご予約はこちら0467-81-4595 弁護士との法律相談ご予約のお電話はこちらメールする
法律相談の様子

よくある質問

弁護士に相談する程の話ではない気がして、迷っています…。

法律的観点から申し述べることがあればアドバイスさせていただきま… …詳しく見る

裁判ではないのですが相談できますか?

まったく問題ありません。弁護士へのご依頼が必ず裁判であるという… …詳しく見る

相談したらその場ですぐに依頼しなくてはいけないのですか?

ご相談だけでもお気軽にお越し下さい。法律相談の中で、事件の見通… …詳しく見る

法律相談の予約の電話では、どのようなことを聞かれますか?

ご予約のお電話の際には、①お名前、②ご連絡先、③希望相談日時、… …詳しく見る

電話やメールでの相談はできますか?

基本的にお電話のみのご相談(ただし、顧問先の電話相談はお受けし… …詳しく見る

休日や夜間は相談できませんか?

原則として平日の午前10時から午後8時まで(最終は午後6時半ま… …詳しく見る

弁護士費用は、だいたいどれくらいかかるのですか?

弁護士費用は、事件の内容・選択する法的手続・依頼者のご事情等に… …詳しく見る

相談内容が外部に漏れることはありませんか?

ありません。弁護士には守秘義務があります。お客様の承諾ない限り… …詳しく見る

鎌倉総合法律事務所のご案内

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
神奈川県鎌倉市小町1-5-12
TEL 0467-81-45950467-81-4595 / FAX 0467-81-4592
営業時間:平日 9:00~18:00

鎌倉の弁護士に法律相談メールする