鎌倉総合法律事務所
  • 鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
  • トップ
  • 鎌倉の弁護士・事務所紹介
  • 無料法律相談
  • 安心の弁護士費用
  • よくある質問
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ
会社の倒産

債権者にはどう対応する?

鎌倉の弁護士トップ > 会社の倒産 > 債権者にはどう対応する?

会社が破産の申し立てをする場合、債権者に対してはどのように対応したらよいでしょうか。

債権者の種類

債権者への対応を説明する弁護士会社が破産する場合に想定される債権者には次のようなものがあります。

これらの債権者の種類に応じて、対応の注意点をまとめてみましょう。

金融機関

金融機関、特に銀行が債権者として存在する場合には、その取扱いには十分注意する必要があります。

銀行に預金がある場合、破産を申し立てることを銀行に知られると、預金が凍結されて動かすことができなくなり、銀行の有する債権と相殺されてしまいます。それによって、破産の申し立てに必要な費用や従業員への給料などの支払いができなくなってしまうことがありますので、銀行への破産申し立ての通知をいつ行うかは十分に検討する必要があります。

取引先

取引先との関係では、破産申し立て直前に行う取引に十分注意する必要があります。

取引をした直後に会社が破産の申し立てをすると、取引先からすれば、破産することが分かっていながら取引が行われ、それによって債務を負わされたり商品代金の回収ができなくなったりしたような印象を持つことになります。

もちろん敢えてそのような取引を行ってはなりませんが、会社の営業担当者が破産の申し立てを把握していなければ自社が破産することを知らずに破産直前前に取引を行うことは十分あり得ることです。

場合によっては、従業員に対して、新規の取引を控えるよう指示を出すべき場合もあります。

従業員

会社が破産時に従業員への給料を支払っていない場合には、従業員も債権者になります。従業員が有する給料などの債権は、破産法上他の債権よりも優先的に扱われますが、従業員の生活にも関わる問題ですので、給料の未払いはなるべく避けるに越したことはありません。

やむを得ず給料の未払いが生じざるを得ない場合には、労働者健康福祉機構による立替払い制度によって従業員の給料債権は一定限度保護されていますので、これを従業員に周知するなどして、会社の破産による従業員の動揺をできるだけ抑える努力をすべきです。

租税公課

税金や社会保険料などの租税公課は、他の債権と異なりいわゆる債務名義が必要ありませんので、予兆なしに突然差押えを受ける場合があります。

破産の準備中にこの差押えを受けると、銀行預金を凍結された場合と同様の状況が生じますので、租税公課の滞納がある場合には十分留意しましょう。

会社の倒産には他にこんな記事があります

弁護士に無料で相談できます弁護士に無料で相談できます

無料法律相談の様子鎌倉総合法律事務所ではどのようなお悩みでも、初回30分無料弁護士に相談できます。相談だけで依頼されてなくても構いません。
夜間・土日をご希望の場合も、有料でご相談いただけますので、まずはご連絡下さい。

無料法律相談のご予約はこちら メールする
弁護士との無料法律相談のご予約はこちら0467-81-4595 弁護士との無料法律相談ご予約のお電話はこちらメールする
無料法律相談の様子

事務所のごあんない

住所・連絡先

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-13-22
TEL 0467-81-45950467-81-4595 / FAX 0467-81-4592

営業時間

平日 9:00~18:00
事前予約で営業時間外のご相談も可能

交通アクセス

JR横須賀線・湘南新宿ライン・江ノ電
鎌倉駅から徒歩7分
▶駅からの道順を見る

事務所の様子
法律相談室の様子
事務所の外観
法律相談室の様子
事務所の様子

法律相談のながれ

無料法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談をしても必ずしもそのまま依頼しなければいけないという事はありません。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士と無料法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際には内容をまとめたメモや資料などをお持ちになる事をお勧めいたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の報酬や経費などのご説明もいたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

法律相談のながれ

無料法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談をしても必ずしもそのまま依頼しなければいけないという事はありません。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士と無料法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際には内容をまとめたメモや資料などをお持ちになる事をお勧めいたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の報酬や経費などのご説明もいたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

弁護士に無料で相談できます弁護士に無料で相談できます

無料法律相談の様子鎌倉総合法律事務所ではどのようなお悩みでも、初回30分無料弁護士に相談できます。相談だけで依頼されてなくても構いません。
夜間・土日をご希望の場合も、有料でご相談いただけますので、まずはご連絡下さい。

無料法律相談のご予約はこちら メール
弁護士との無料法律相談のご予約はこちら0467-81-4595 弁護士との無料法律相談ご予約のお電話はこちらメールする
無料法律相談の様子

よくある質問

弁護士に相談する程の話ではない気がして、迷っています…。

法律的観点から申し述べることがあればアドバイスさせていただきま… …詳しく見る

裁判ではないのですが相談できますか?

まったく問題ありません。弁護士へのご依頼が必ず裁判であるという… …詳しく見る

相談したらその場ですぐに依頼しなくてはいけないのですか?

ご相談だけでもお気軽にお越し下さい。法律相談の中で、事件の見通… …詳しく見る

法律相談の予約の電話では、どのようなことを聞かれますか?

ご予約のお電話の際には、①お名前、②ご連絡先、③希望相談日時、… …詳しく見る

電話やメールでの相談はできますか?

基本的にお電話のみのご相談(ただし、顧問先の電話相談はお受けし… …詳しく見る

休日や夜間は相談できませんか?

原則として平日の午前10時から午後6時までですが、お客さまのご… …詳しく見る

弁護士費用は、だいたいどれくらいかかるのですか?

弁護士費用は、事件の内容・選択する法的手続・依頼者のご事情等に… …詳しく見る

相談内容が外部に漏れることはありませんか?

ありません。弁護士には守秘義務があります。お客様の承諾ない限り… …詳しく見る

鎌倉総合法律事務所のご案内

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
神奈川県鎌倉市小町2-13-22
TEL 0467-81-45950467-81-4595 / FAX 0467-81-4592
営業時間:平日 9:00~18:00

鎌倉の弁護士に無料で相談メールする