鎌倉総合法律事務所
  • 鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
  • トップ
  • 鎌倉の弁護士・事務所紹介
  • 無料法律相談
  • 安心の弁護士費用
  • よくある質問
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ
遺言・相続問題

遺産の不動産どうやって分ける?

鎌倉の弁護士トップ > 遺言・相続問題 > 遺遺産の不動産どうやって分ける?

不動産の分割は簡単ではありません

不動産の遺産分割ってどうなってるの?不動産とは、ご存じの通り、土地や、その上に立っている建物のことを言います。

お金のように、こういったものを公平に分割することはできないというのは、誰でも想像できることでしょう。また不動産は概して他の相続財産と比べ高額であり、特定の相続人に不動産を渡して、他の相続人には現金などを分配する、という分け方をすると、「これでは平等じゃない」と主張してくる人も出てきます。つまり、もし相続財産に不動産がある場合で、遺産分割協議を円滑に進めるには、“どのように分けるか”が重要になります。

不動産分割の方法とそれぞれの長短

以下に挙げる通り、不動産分割の方法には、四種類があります。

それぞれに長所と短所があるので、状況によって使い分けなければなりません。

1. 現物分割

対象の不動産を相続人の一人が単独で取る方法を、現物分割と言います。

長所

現物分割はそのままできるので、手続きが簡単です。誰が相続するかさえ決めれば、分割後には取得した人が単独で使用し、収益を得たり、あるいは処分することもできます。

短所

現物分割で“公平な”遺産分割をすることは簡単ではありません。誰かがその不動産を単独で取得すれば、その価値に見合う預金やその他財産を相続できなかった人が、やはり不平等を感じます。その点が是認されていなければ、現物分割は難しいでしょう。

2. 代償分割

不動産を特定の相続人に単独で相続させ、その人が、他の相続人に対して、相続割合に応じた代償金を支払う方法を、代償分割と言います。たとえば、二人兄弟の兄が2000万円の不動産を相続したら、兄は弟に1000万円を現金で支払う、これが代償分割です。

長所

代償分割では、公平な遺産分割が可能であると言えます。また、代償金さえ支払ってしまえば、以降、所有者は現物分割と同じメリットを享受することができてしまいます。

短所

まず、代償金を支払うだけの資力が必要とされるのが難しいところです。他の相続人に相続割合に応じた代償金を支払うことができない場合は、代償分割は利用できません。

3. 共有

不動産を共同名義で所有する方法を、「共有」と言います。たとえば、兄弟三人の場合には、相続財産である建物や土地に一切手を加えず、三人でその不動産の持分を1/3ずつとして登記します。これが「共有」という方法です。

長所

手続が比較的に簡単であることが、共有のメリット言えるでしょう。法定相続分と異ならない割合で登記する場合には、煩雑な遺産分割協議書を作成せずにおこなえます。

短所

共有者全員の承諾なく、不動産の処分などを行うことはできません。また、共有した相続人が亡くなった後で、また別の相続人が複数いると、時間と共に一つの不動産を共有する人数が増えてきて、誰がどのくらいの権利を持っているのか複雑になるというデメリットもあります。

4. 換価分割

相続財産である土地・建物を売却して、その代金を相続割合で分ける方法を、換価分割と言います。わかりやすい方法ではありますが、良いことばかりでもありません。

長所

換価分割は、不動産を売ってお金に換えてさえしまえば、あとは現金の分割と同じでほとんど公平な分割ができる、良い方法です。しかも、代償分割と違い、特定の相続人に資力が必要となるわけでもありません(とはいえ、売却の手続きは煩瑣ではありますが…)

短所

感情的に処分しづらい不動産もあります。そういう家や土地は、換価分割の方法は選びにくいでしょう。また不動産売却には、税金などの経費もかかります。税金によって相続財産が一部減ることになるので、その点も理解しておかなければなりません。

状況に応じた不動産分割の方法を一緒に考えます

不動産の分割は、ここまで見てきた通り、容易なことではありません。価値の変動も大きいことから、そのような意味でも状況判断が大事です。鎌倉総合法律事務所では、ご依頼者様の意思を最大限尊重しながら、経験から適切と思われる分割方法をアドバイスします。

関係のある相続人との交渉も承ります

遺産分割の第一のルールは、「当事者の話し合い」です。しかし当事者同士ではなかなか口に出しにくい事情もあるかもしれません。とはいえ、平等に話し合いがまとまりさえすれば、どのような相続も基本的に可能ではあるので、いい着地ができるように、経験豊かな弁護士が間を取り持ちます。他の相続人との交渉もお任せください。

不動産分割のご相談はいつでもお気軽に

不動産分割は、方法を間違ってしまうと、思わぬ損失を被ることもあります。良い相続のために、不動産の分割でお困りならば、鎌倉総合法律事務所までお気軽にご相談ください。

遺言・相続問題には他にこんな記事があります

弁護士に無料で相談できます弁護士に無料で相談できます

無料法律相談の様子鎌倉総合法律事務所ではどのようなお悩みでも、初回30分無料弁護士に相談できます。相談だけで依頼されてなくても構いません。
夜間・土日をご希望の場合も、有料でご相談いただけますので、まずはご連絡下さい。

無料法律相談のご予約はこちら メールする
弁護士との無料法律相談のご予約はこちら0467-81-4595 弁護士との無料法律相談ご予約のお電話はこちらメールする
無料法律相談の様子

事務所のごあんない

住所・連絡先

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-5-12
TEL 0467-81-45950467-81-4595 / FAX 0467-81-4592

営業時間

平日 9:00~18:00
事前予約で営業時間外のご相談も可能

交通アクセス

JR横須賀線・湘南新宿ライン・江ノ電
鎌倉駅から徒歩2分
▶駅からの道順を見る

鎌倉総合法律事務所の様子
法律相談室の様子
鎌倉総合法律事務所の様子
法律相談室の様子
鎌倉総合法律事務所の様子

法律相談のながれ

無料法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談をしても必ずしもそのまま依頼しなければいけないという事はありません。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士と無料法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際には内容をまとめたメモや資料などをお持ちになる事をお勧めいたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の報酬や経費などのご説明もいたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

法律相談のながれ

無料法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談をしても必ずしもそのまま依頼しなければいけないという事はありません。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士と無料法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際には内容をまとめたメモや資料などをお持ちになる事をお勧めいたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の報酬や経費などのご説明もいたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

弁護士に無料で相談できます弁護士に無料で相談できます

無料法律相談の様子鎌倉総合法律事務所ではどのようなお悩みでも、初回30分無料弁護士に相談できます。相談だけで依頼されてなくても構いません。
夜間・土日をご希望の場合も、有料でご相談いただけますので、まずはご連絡下さい。

無料法律相談のご予約はこちら メール
弁護士との無料法律相談のご予約はこちら0467-81-4595 弁護士との無料法律相談ご予約のお電話はこちらメールする
無料法律相談の様子

よくある質問

弁護士に相談する程の話ではない気がして、迷っています…。

法律的観点から申し述べることがあればアドバイスさせていただきま… …詳しく見る

裁判ではないのですが相談できますか?

まったく問題ありません。弁護士へのご依頼が必ず裁判であるという… …詳しく見る

相談したらその場ですぐに依頼しなくてはいけないのですか?

ご相談だけでもお気軽にお越し下さい。法律相談の中で、事件の見通… …詳しく見る

法律相談の予約の電話では、どのようなことを聞かれますか?

ご予約のお電話の際には、①お名前、②ご連絡先、③希望相談日時、… …詳しく見る

電話やメールでの相談はできますか?

基本的にお電話のみのご相談(ただし、顧問先の電話相談はお受けし… …詳しく見る

休日や夜間は相談できませんか?

原則として平日の午前10時から午後6時までですが、お客さまのご… …詳しく見る

弁護士費用は、だいたいどれくらいかかるのですか?

弁護士費用は、事件の内容・選択する法的手続・依頼者のご事情等に… …詳しく見る

相談内容が外部に漏れることはありませんか?

ありません。弁護士には守秘義務があります。お客様の承諾ない限り… …詳しく見る

鎌倉総合法律事務所のご案内

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
神奈川県鎌倉市小町1-5-12
TEL 0467-81-45950467-81-4595 / FAX 0467-81-4592
営業時間:平日 9:00~18:00

鎌倉の弁護士に無料で相談メールする