鎌倉総合法律事務所
  • 鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
  • トップ
  • 鎌倉の弁護士・事務所紹介
  • 無料法律相談
  • 安心の弁護士費用
  • よくある質問
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ
離婚・男女トラブル

不貞行為(不倫)って何?

鎌倉の弁護士トップ > 離婚・男女トラブル > 不貞行為(不倫)って何?

不貞行為について弁護士が解説最近、芸能人や政治家の不倫がテレビを騒がせています。不倫や不貞行為とは、法律的にはどういうことなのでしょうか?

不貞行為の定義

「浮気」や「不倫」は、法律上の言葉ではありません。法的には、「不貞行為」といいます。不貞行為とは、配偶者以外の人と性的な関係を持つことです。異性に限らず、同性と性的関係を持つことも含まれます。
夫婦はお互いに貞操義務を負っていますので、貞操義務違反ということになります。
また、不貞行為は、「婚姻共同生活の維持という権利又は法的保護に値する権利」を侵害する不法な行為です。

不貞行為が認められる場合

例えば、「一人暮らしの人の部屋で、2人で一晩をすごしていた」とか、「ラブホテルに2人で入っていた」などの証拠があれば、性的関係を持ったのではないかと推定されますので、不貞行為が認定されることになります。
また、手紙やメールなどから、性的な関係を持っているんだなと分かるような表現があれば、それも証拠になります。

離婚原因になる

民法770条第1項第1号には、離婚原因として、「配偶者に不貞な行為があったこと」があげられています。
つまり、不貞された側の配偶者は、相手配偶者の不貞行為を原因として、離婚を請求することができます。

一方、不貞した側の配偶者は、「有責配偶者」となります。有責配偶者からの離婚請求を認めることは、信義則に反するとされているため、なかなか認められません。

慰謝料が発生する

不貞行為を行うと、慰謝料を支払わなければいけません。
不貞をした配偶者とその不貞相手とは、連帯して慰謝料を支払う義務を負います。もっとも、貞操義務違反を犯した配偶者の方が、不貞相手よりも責任は重いとされています。

但し、夫婦関係がすでに「破綻」していた場合には、その後、配偶者以外の人と性的関係を持っても、慰謝料を払う必要がありません。
不貞行為は、「婚姻共同生活の維持という権利又は法的保護に値する権利」を侵害する不法な行為です、そこで、夫婦関係が破綻している場合には、そもそも守るべき「婚姻共同生活の維持という権利又は法的保護に値する権利」がもうなかったといえるからです。
夫婦関係がすでに破綻していたといえる典型例は、夫婦が不仲ですでに別居していた場合や離婚調停をしていた場合などです。

まとめ

軽い気持ちで不倫してしまっても、離婚原因になりますし、自分も不倫相手も多額の慰謝料を払うことになります。あまり、甘く考えないようにしましょう。

離婚・男女トラブルには他にこんな記事があります

弁護士に無料で相談できます弁護士に無料で相談できます

無料法律相談の様子鎌倉総合法律事務所ではどのようなお悩みでも、初回30分無料弁護士に相談できます。相談だけで依頼されてなくても構いません。
夜間・土日をご希望の場合も、有料でご相談いただけますので、まずはご連絡下さい。

無料法律相談のご予約はこちら メールする
弁護士との無料法律相談のご予約はこちら0467-81-4595 弁護士との無料法律相談ご予約のお電話はこちらメールする
無料法律相談の様子

事務所のごあんない

住所・連絡先

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-13-22
TEL 0467-81-45950467-81-4595 / FAX 0467-81-4592

営業時間

平日 9:00~18:00
事前予約で営業時間外のご相談も可能

交通アクセス

JR横須賀線・湘南新宿ライン・江ノ電
鎌倉駅から徒歩7分
▶駅からの道順を見る

事務所の様子
法律相談室の様子
事務所の外観
法律相談室の様子
事務所の様子

法律相談のながれ

無料法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談をしても必ずしもそのまま依頼しなければいけないという事はありません。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士と無料法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際には内容をまとめたメモや資料などをお持ちになる事をお勧めいたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の報酬や経費などのご説明もいたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

法律相談のながれ

無料法律相談の予約

まずはお電話かメールでご予約をお取りください。法律相談をしても必ずしもそのまま依頼しなければいけないという事はありません。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士と無料法律相談

弁護士が直接事情や状況を伺います。ご相談の際には内容をまとめたメモや資料などをお持ちになる事をお勧めいたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士に依頼したい場合

相談時に、事件をお受けする場合の報酬や経費などのご説明もいたします。その上でご希望の場合は依頼をしてください。持ち帰ってご検討いただいても構いません。

弁護士に無料で相談できます弁護士に無料で相談できます

無料法律相談の様子鎌倉総合法律事務所ではどのようなお悩みでも、初回30分無料弁護士に相談できます。相談だけで依頼されてなくても構いません。
夜間・土日をご希望の場合も、有料でご相談いただけますので、まずはご連絡下さい。

無料法律相談のご予約はこちら メール
弁護士との無料法律相談のご予約はこちら0467-81-4595 弁護士との無料法律相談ご予約のお電話はこちらメールする
無料法律相談の様子

よくある質問

弁護士に相談する程の話ではない気がして、迷っています…。

法律的観点から申し述べることがあればアドバイスさせていただきま… …詳しく見る

裁判ではないのですが相談できますか?

まったく問題ありません。弁護士へのご依頼が必ず裁判であるという… …詳しく見る

相談したらその場ですぐに依頼しなくてはいけないのですか?

ご相談だけでもお気軽にお越し下さい。法律相談の中で、事件の見通… …詳しく見る

法律相談の予約の電話では、どのようなことを聞かれますか?

ご予約のお電話の際には、①お名前、②ご連絡先、③希望相談日時、… …詳しく見る

電話やメールでの相談はできますか?

基本的にお電話のみのご相談(ただし、顧問先の電話相談はお受けし… …詳しく見る

休日や夜間は相談できませんか?

原則として平日の午前10時から午後6時までですが、お客さまのご… …詳しく見る

弁護士費用は、だいたいどれくらいかかるのですか?

弁護士費用は、事件の内容・選択する法的手続・依頼者のご事情等に… …詳しく見る

相談内容が外部に漏れることはありませんか?

ありません。弁護士には守秘義務があります。お客様の承諾ない限り… …詳しく見る

鎌倉総合法律事務所のご案内

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所
神奈川県鎌倉市小町2-13-22
TEL 0467-81-45950467-81-4595 / FAX 0467-81-4592
営業時間:平日 9:00~18:00

鎌倉の弁護士に無料で相談メールする